早期退職〜デュアルライフ目指して

東京と蓼科のデュアルライフを目指すプレシニア(54歳)です。健康とお金のことを中心に綴ります。

五十肩

こんにちは、しおんです。
東京は、もう桜が散り始めましたね。ボートから花見を楽しむ人で、週末のお堀は賑わっていました。


f:id:HappyR:20210404121917j:image

 

◆肩の痛み
さてさて、皆さんはコロナのなか、健康にお過ごしでしょうか。

私は、実は昨年6月のある日、左肩が痛み、だんだん左腕が動かせなくなりました。
シャツに袖を通すのもそれまでは右からだったのが、左袖から通さないとNG。
つり革も右手only。
ほんとに、ある日突然に痛くなるものなんですね〜。びっくりしました!

 

◆五十肩
正式名称は『肩関節周囲炎』というそうです。
40代~50代に多く、原因は不明。
筋肉の緊張が進んで拘縮状態になり、関節の動きが悪くなる。
『肩が固まる』『炎症が起こってズキズキ痛む』などの症状があるようです。


◆女性ならではの困りごと
何より不便だったのは、ブラジャーのホックが止められなくなってしまったこと。最初の頃は、それでも痛みに堪えながら後ろで止めていましたが、ついに限界が。

このままじゃ、着替えの時間=拷問の時間になってしまう&会社にますます行きたくなくなっちゃうわ…

 

ネットで探すと、かぶるタイプや肌着一体タイプなどの品はありましたが、今ひとつ。
なんというか、デザインが美しくないんです。色もおばさんぽい。また、私のサイズ(F70)に、なかなかフィットするものがなく。

 

◆苦痛からの解放
いろいろ見て、結局、ワコールの通販サイトで2種類のフロントホックブラを買いました。

①ウイング/ツヤカ ノンワイヤーブラ(¥3,190)

②アンフィ フロントホックブラ(¥3,960)

 

結果、①はやや小さいもののシルエットが美しく、大変使い心地が良い。大当たりでした🌟

→こちらは、色のバリエーションもあったのでさっそくもう1枚追加購入しました。


逆に②は、ワイヤーが細くて肌に痛いほど食い込んでくるので、散々でした。我慢して2回使いましたが、もはや別種の拷問。今はタンスの奥に眠っています。

 

それにしても、働きながらこの年代に達している女性も多いと思うのですが、該当する商品があまりにも少ないのが不思議。ニーズはあると思うのですけどねえ。

 

f:id:HappyR:20210404121824j:image

 

今回、5000件以上の商品中、"フロントホック"で検索すると、該当は6点。大変限られた選択肢でした。

五十肩の人向けに、もう少し選択肢を増やしていただけると嬉しいですね。


◆五十肩の発症期間

そんなこんなで、9ヶ月。最近では徐々に痛みも和らいできました。

 

50肩の症状のプロセスには主に3段階あるといわれているようです。

①炎症期
 ・じっとしていても痛い
 ・夜に痛みで目が覚める
 ・痛みで肩が上げられない

② 拘縮期
 ・ズキズキはしなくなる
 ・肩が固まった感じがあり、上げると痛い
 ・腕が上がらない

③回復期
 ・角度により痛みを感じる
 ・肩が上がるが180度には至らない

 

◆ 放置は禁物!

そして、適切な処置を怠ると、肩関節が固まってしまうとか。痛みの変化に合わせた「ケアとリハビリ」が大事だそうです。

私もだいぶ痛みが薄れてきたので、今月から少し強めのストレッチを続けていきたいと思います。
*肩に負担をかけ過ぎると炎症を再燃させてしまうので、無理のないストレッチなどがいいようです。

 

友人によれば「1年くらいで何となく治ったよ」との事でしたので、梅雨明け頃には痛みから解放されるかな?と期待しています(^^)


歳を経るにつれ、身体機能の衰えや痛みが出てくるのでしょうね。無理のない範囲でメンテしながら、変化にうまく付き合っていければいいなぁと思います。